海外留学を成功させて言葉の壁を乗り越えたい

フィリピンへ留学して言葉の壁を乗り越える秘訣

留学には時間もお金も掛かるものです。せっかく日本を飛び出したのだから、英語をモノにして帰りたいですよね。これまで、リスニングやライティングで多くの留学生が壁にぶち当たってきました。どのようにして克服してきたのでしょうか。

留学してどんな自分になりたいですか

海外に留学した自分をイメージしたとき、英語がペラペラになっているとか、外国人の友だちを作っているとか、楽しそうな姿を想像できます。フィリピンなどの海外留学には時間もお金も掛かります。コストを掛けて行くのですから、なるべく理想の姿に近づきたいものです。最初は思ったように英語が口から出てこないかもしれません。言いたいことが伝わらずに、怪訝な顔をされたり、相手にしてもらえないこともあるでしょう。自分は英語が出来ると思っていたのに、実際は全然通用しなかった、とがっかりする人もいます。実は、これらの事象は多くの留学生が通ってきた道なのです。最初はダメでも時間が経つにつれ、言葉にも文化にも慣れてくるものです。諦めずにチャレンジしていきましょう。

リスニングで聞き取れないと思ったら

リスニングの教材は、ゆっくり、はっきりと発音してくれます。リスニング教材を使い「十分勉強した」と思ってフィリピンなどに留学してみると、ネイティブの話している内容が全く聞き取れないことがあります。ネイティブの話し方にはクセがあるものです。英語は広い地域で使われる言語なので、アクセントが生まれた環境によって異なります。若い人だと言葉を略して話すこともあります。日本語でも同じことが言えますよね。スピードの速い英語を聞き取るには、慣れが必要です。聞き取れるようになるには時間が掛かるんだ、と頭の隅に置いておきましょう。
他にも、意味を知らない単語やフレーズが含まれていたら、何度聞いたところで分かるようにはなりません。英単語とフレーズを大量に覚えると、聞こえてくる世界が変わります。

文章の書き方のテクニックを身に着けてみよう

日本語の話し言葉と書き言葉には違いがあり、文章を書くときは「てにをは」や時制に気をつけなければなりません。英語も同じように文章を書くときのテクニックがあります。
レポートを書くときに、留学生は英語が思うように出てこないものですから、かなりの時間を費やすことになります。レポートの成績は、授業の成績の大部分を占めるものなので、しっかりとした内容のものを書き上げたいものです。
英文法、文章構成、ロジックが正しいかどうか、提出前にチェックする必要があります。大学の図書館や留学生向けオフィスには、母国語が英語ではない学生向けの、文章構成スタッフが在籍しています。ぜひ、利用してみましょう。レポート提出までに、他の人に見てもらう時間、書き直す時間も含めて、予定を立てておきます。