新宿の税理士☆徹底リサーチ

ホーム > 新宿の税理士について > 税理士に依頼をすることで専門の従業員を雇用するよりコストは抑えられる

税理士に依頼をすることで専門の従業員を雇用するよりコストは抑えられる

 規模の大きな大会社になるほど専門部署の数は多くなり、専門知識を持った人材がそれぞれの得意分野の仕事をしています。
ですが国内すべての会社が大会社ではありませんし、各部門にすべて分かれている会社ばかりではありません。
規模の小さな会社になると、経営者がいくつもの仕事を抱えていることもあります。
大会社なら総務の部署があって任せることができても、小さな会社では掛け持ち業務が珍しくはありません。
新たに経理担当者を雇用することを考えるかもしれませんが、新宿の税理士事務所を利用するのも良い選択肢です。
総務担当者や経理などの人材を雇用すると、大きな人件費が発生をします。
正社員ではなくパートでも専門知識が必要なので時給は高いですから、支払いもその分大きくなるものの、税理士に依頼をするとそこまでコストはかかりません。

 柔軟な対応をしてくれる新宿の税理士ですから、希望をすることを契約する前に相談してみることです。
財務や経理の監査を毎月してもらいたいとか、税金の計算を確定申告の時にだけやってもらいたいとか、経営計画策定などのコンサルティングも頼みたいなど、利用者側からの希望には違いがあります。
会社の規模によっても違いますし、税理士へお願いをしたい業務は、状況によっても異なるのが一般的です。
月次の会社の帳簿を細かくつけたり、決済を行い正確な数字を税務署に申告をするだけが、税理士の仕事ではありません。
依頼をする内容のケースは実に様々であり、経理の業務を税理士に、全部お願いをすることもできます。
会社のトップである経営者にとって良い相談役にもなるのが税理士であり、経営を高い知識をもってサポートもできる存在です。

 マイナス面からみてみると税理士に記帳代行を依頼することで、税理士に支払う費用はそれだけ高くなります。
税理士にすべての処理を任せることができる反面で、経理面の専門知識を経営者は得る機会が減って、現状の数値に関しても自分管理ではないために記憶に残りにくくなるのもデメリットです。
タイムリーに今現在損をしているか、儲かっているかを把握しにくいのは、試算表報告の遅れもありますし、それが発端で税金を思わぬところで払うこともあるかもしれません。
自社で処理をすることを検討するなら、会計ソフトを導入しての処理も可能です。
とはいえ税理士に依頼をすることは、デメリットよりはるかにメリットの方が大きくなります。
有料の会計ソフトを入れないためその分のコストもかからず、わかりにくい経理関係はすべて任せることができるからです。

次の記事へ

カテゴリー